インプラント:PCP丸の内デンタルクリニック

安心・安全・確実なインプラント治療を施術する歯科医院・歯医者

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


インプラント

歯科インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本づつ作るので、見た目が自然で美しく、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりありません。何でも美味しく食べられます。

また、自分の歯と同じように歯磨きができますので、家族の前でも入れ歯を外すような事はありませんし、外食や旅行にも心配なく行けます。

インプラントとライフ

インプラントイメージ

インプラントイメージ

人生を前向きに楽しみ、充実して過ごされる患者様の生活を、私たち歯科スタッフとインプラントがしっかりサポート致します。

日々の食事を味わい、楽しむ。
人との会話を楽しみ、心から笑う。

当たり前だったこれらの事も、歯に不都合を感じると、なんだか難しい事に感じてしまいます。好物だったものが噛めなくなったり、味気なく感じたり。歯のない部分が気になって、人前で表情がこわばってしまったり ・・・

そのような方に向けて新しく開発された治療法がインプラントなのです。

当院のインプラント治療

インプラント治療を成功に導く為には、より専門的な知識と経験、設備、更に高度な技術とが必要になります。
当クリニックは、3iインプラント・ブローネマルクインプラント治療を施術するクリニックとして認定されており、インプラント治療には、全てインプラント施術の経験が豊富なインプラント専門医が治療にあたります。

インプラント手術は、感染症を引き起こさないよう衛生管理された個室にて行なわれ、使用する器材・器具につきましても、最新・最良の方法にて殺菌・滅菌・消毒作業を行っております。

アフターケアにつきましても、定期的なメンテナンスを受けて頂ければ10年保証を行なっております。どうぞご安心下さい。

正確な診断と安全な治療の為に

当院では、インプラント施術を成功に導く為に、以下に挙げるような様々な最新の器材・器機を導入しています。

● CT(歯科用)

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像として診断できる為、より多くの情報が得られます。

■ 見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造なども、リアルに見えます。

■ わかからなかった事がわかる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

■ 治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。

歯科用CTついて、さらに詳しく

● シンプラントシステム

当院でCT撮影を行い、CT撮影データを再構成した3D画像を最先端のコンピュータシステム(SimPlant)にて情報を解析する事により、多角的な測定や患者様の解剖学的情報を考慮した正確なインプラント埋入計画ができます。

あごの骨の状態を見ながら、患者様個々に治療計画を立てる事ができるシンプラントシステムは、より安全で無理のない治療を進める為の最新方法です。

シンプラントついて、さらに詳しく

● ストローマンガイドシステム

ストローマンガイドシステムは、インプラント歯学において、より高い信頼性と予知性を提供することを目的としたものです。 補綴主導(さし歯・被せ物主導)のトップダウントリートメントにより最終修復物(さし歯・被せ物)の審美性予測が可能となり、 患者様の満足度向上につながります。

ストローマンガイドシステムついて、さらに詳しく

● ピエゾサージェリー

超音波振動手術用医療機器です。もともとは、脳外科で使用されていた機器をもとに開発された、骨切り手術用医療機器で、インプラント治療にて注目されており、安全かつ確実に治療を行う為に導入いたしました。

■軟組織には反応せず、硬組織にのみ反応する
軟組織(神経、血管、歯肉など)にダメージを与えることなく、骨だけを正確に切ることが可能。

■治癒が早い
既存治療での、ドリルやマイクロソウなどに比べ、骨へのダメージや、出血なども最小限に抑えられるため治癒も早い。

ピエゾサージェリーついて、さらに詳しく

● 院内感染症対策

インプラント手術は、感染症を引き起こさないよう衛生管理された個室にて行なわれ、使用する器材・器具につきましても、最新・最良の方法にて殺菌・滅菌・消毒作業を行っております。

院内感染症対策ついて、さらに詳しく

インプラント治療を行うと

インプラント治療

昭和8年生 女性
1991年に手がけた症例です。当時、患者様は歯科治療恐怖症で、インプラントの手術をするのに1年を要しました。下顎左右臼歯部にインプラントを植立。上顎は、セラミックにいる審美治療を行うと同時に、噛み合わせも改善しました。

現在も、必ず1ヶ月に1回メンテナンスにいらしているので、歯肉の状態、バランスともに良好です。

インプラントの安全性

インプラントが良いことは分かったけれども、「インプラント手術は安全なのか」「体に害はないのか」といった心配を持たれる方も当然あります。そこで、安全性についてご説明致します。

まず手術というと、「骨を削って」「金属のスクリューを打ち込んで」と恐怖心をお持ちの患者様が多くいらっしゃいます。手術自体は局所麻酔+無痛鎮静法(点滴麻酔)で、特に痛みもなく終わります。個人差はありますが、術後の痛みもせいぜい通常の抜歯程度で、術後数日で落ち着いてきます。入院の必要も無く、翌日から通常の生活をして頂けます。

参照サイト

インプラント治療について、さらに詳しくは以下のサイトをご参照下さい。

歯医者が語る、歯科インプラント治療
インプラント治療について詳しく解説。「何故インプラントがいいの?」「インプラントはしたいけど悩んでいる。」「インプラントの手術が怖い。」 と言う方々へ。

インプラント:
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)