歯周内科学:PCP丸の内デンタルクリニック。

歯周病を薬で治す歯科医院・歯医者

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


歯周内科学

歯周内科学とは

歯周内科治療イメージ

歯周内科治療イメージ

歯科界の新しい分野「歯周内科学」
これまでとはまったく異なった新しい考え方で、お薬で歯周病を治してしまう治療の総称です。

歯科における2大疾患と言えば、「虫歯」と「歯周病」です。これは現在の歯科治療においては、感染症であるという結論になっています。

では、なぜ感染症なのに治らないのでしょうか?
医科において一般的な感染症は風邪です。一般的な風邪であれば医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。

では、歯周病も同じように治らないのでしょうか?
現在の歯周病治療は外科的な処置が主流です。しかし、それは歯科医師が特殊な技術を持ち、患者様も歯磨きがうまくできるという厳しい条件下でないと、良い結果が生まれないのです。

どんな条件下においても同じ方法で、簡単に良い結果が生まれる方法はないものかと、多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが、薬で歯周病を治す歯周内科という治療法なのです。

歯周病が薬で治る!?

歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、簡単に薬で治す方法がみつかったのです。
原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。

この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で、最新式の治療方法 「顕微鏡を使った歯周内科治療」 です。

薬で治す歯周病治療

位相差顕微鏡

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

  1. 位相差顕微鏡での菌の確認
  2. 細菌の除去薬剤の内服
  3. カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
  4. 除菌後の歯石とり

特に(1)の位相差顕微鏡での菌の確認は、非常に大きなポイントです
位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

細菌の除去薬剤

細菌の除去薬剤には、ジスロマック等の細菌除去薬剤やカビの除去薬剤、カビとり歯磨き剤(様々な種類があります。)があります。

ジスロマック等の細菌除去薬剤 カビの除去薬剤、カビとり歯磨き剤

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡による歯周病検査

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。われわれは患者様のお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いる事で、治療効果のよりわかりやすい説明を聞く事が可能です。

いったいどのような菌が

位相差顕微鏡で確認できる菌の一部です。

位相差顕微鏡で確認できる菌の一部

歯周内科治療を行うと

一般的な治療経過

初診時・治療開始日

初診時・治療開始日

歯ぐきの痛み、出血、腫れが見られます。
痛くて歯が磨けない状態です。


初診時の菌の状態です。

初診時の菌の状態

カビ、歯周病菌が多数見られます。


治療開始1週間後

治療開始1週間後

腫れも引いてきており、出血もしなくなりました。歯石(矢印)が見えてきています。
3日目位から出血しなくなりました。


1週間後のきれいになった菌の状態

1週間後の非常にきれいになった菌の状態

本来いるべき正常な菌は残っています。
1週間で口臭、ネバネバ感が消失しました。歯ぐきが引き締まった感じで、噛んだ時の違和感もなくなりました。


治療開始3週間後

治療開始3週間後

腫れもなくなり、歯ぐきの色もきれいなピンク色になりました。


歯周病を薬で治す歯周内科学:
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)