義歯治療:PCP丸の内デンタルクリニック。

よく噛める、痛くない入れ歯の歯科医院・歯医者

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


入れ歯(義歯)の悩み

義歯・入れ歯治療イメージ
義歯・入れ歯治療イメージ

「痛い」「噛めない」「見栄えが悪い」と、義歯(入れ歯)の悩みは人様々です。
決して諦めないで下さい。いっしょに解決方法を探ってまいりましょう。

歯の機能が不自由になると、固い物や噛み応えのある食品を咀嚼できなくなります。食事が制限されるという事は、胃腸にも負担がかかり、消化吸収が悪くなります。当然、精神的にもよくありませんから、心身ともに悪影響を及ぼす事となります。

当クリニックでは、患者様にとって最良と診断される治療方法・最適と思われる義歯を、患者様のお立場で考えたいと思っています。

特別な形の義歯は自費治療主体となりますが、当院では、健康保険適用の義歯治療も施術しております。歯を失くした方、入れ歯でご苦労されている方、是非一度ご相談下さい。

入れ歯(義歯)の種類

義歯を大別すると、全部床義歯(ご自身の歯が一本も残っていない)と、歯のない部分を補う部分床義歯(1本でもご自身の歯が残っている)に分類できます。以下に、タイプ別に各義歯の特徴ついて、詳しくご説明致します。

レジン床義歯

レジン床義歯

義歯の土台となる部分が全てレジンでできている入れ歯です。口蓋部に少し義歯の厚みが出ますが、調整や修理は比較的容易に行えます。

金属床義歯

金属床義歯

義歯の土台(ピンク色のレジン=プラスチックの部分)の一部を薄い金属プレートで製作する事により、頑丈で義歯の違和感が少ない義歯となります。

見た目が自然な義歯

見た目が自然な義歯

特殊な維持装置を残存歯と義歯に仕込むタイプとなります。クラスプ(入れ歯と留める針金・バネ)が表側から見える事はありません。

コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯

自分の歯がある程度残ってる場合、コーヌスクローネというバネのない二重冠構造による取り外しができるさし歯入れ歯が製作可能です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

特殊な維持装置=アタッチメントを残存歯(さし歯)と入れ歯に仕込むタイプの義歯です。金属のバネが表側から見える事はありません。

マグネット義歯

マグネット義歯

歯(歯根上部)にキーパーを、義歯に磁石(マグネット)を仕込み事により、磁石の力で義歯を維持・安定させます。

ピッタリ合った入れ歯で豊かな人生を

当院では、なぜ痛いのか・なぜ噛めないのか・なぜ合わないのか、義歯の不具合を徹底的に解明していきます。
その上で、患者様のご要望やご希望をよくお聞きし、義歯を入れられる患者様にとって、どのような形の義歯が一番適しているのかなど、義歯治療を始める前にに詳しくご説明させて頂きます。

歯を失くされた方、入れ歯でご苦労されている方、是非一度ご相談下さい。当院では健康保険適用の義歯治療も施術しております。

入れ歯(義歯):
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)