歯周病豆知識:PCP丸の内デンタルクリニック

(PCP丸の内デンタルクリニック・東京都千代田区丸の内)

歯科・PCP丸の内デンタルクリニック


歯周病ポケット検査のすすめ

「あなたは、歯周ポケット検査をされた事がありますか?」
当院の初診の患者様で、ほぼ全員の方が他院・企業検査等でハブラシ指導・歯石の除去をされています。しかし、歯周ポケット検査を受けられた事のある方は 5%~10%程 しかいらっしゃいません。

歯周ポケット検査により歯茎の中をよく調べる事で、歯周病の進行状態や回復状態をチェックする事ができます。

歯周ポケットの検査の目的

  1. レントゲンは2次元(平面)だが、歯を支える骨は3次元(立体的)なので、精密度が高い。
  2. ご自分の磨きづらい部位を確認できる。
  3. 歯肉炎・歯周病の進行(程度)がわかる。
  4. 治療計画に役立つ。
  5. 歯周病治療の効果を再評価でき、確認できる。

歯周ポケットとは?

歯のまわりの歯肉の溝が歯周ポケットです。健康な歯肉の溝は1~2mmです。
歯周ポケットとは? 小さなお子様から年配の方まで、又人種に左右されません。

歯肉炎

歯の表面にプラークが残っていると炎症が起き、ポケットが3~4mm位に腫れます。

歯周病

プラークが固まり歯石になると、歯根を支えている骨に悪影響が起き(悪い細菌の塊から遠ざかろうと生体の防御反応により骨が吸収)、5mm以上の深いポケットが進行していきます。

歯周ポケットの検査法

頬(唇)側、舌(裏)側の3ヶ所(近・中央・遠)計6ヶ所を計測します。(立体的)

奥歯は下が2つの根、上が3つの根(患者様により1~4本と異なります)があり、根と根(根分岐部)の状態、出血の有無、歯の動揺も検査します。腫れていたり、炎症が強いと少し痛みを感じる事があります。

例えば、手のひらは厚いのでたたいても痛くありませんが、ケガをすれば炎症が起き、少し押すだけでも痛みを感じます。歯肉の炎症はぶつける事によりおきる訳でなく、プラークや歯石が原因なのです。

再評価(2回目の検査)

歯肉が引き締まり、健康になると痛みを感じません。この時点で炎症が残っていたり、深いポケットがあれば、患者様が苦手な部位という事になります。

歯周病は気付かない間に進行する恐い病気です。

某大学の予防歯科の教授が20年程前、欧米各国で調査をされたそうです。

「あなたはどういう時、歯科医院に行かれますか?」

ヨーロッパでほとんどの回答は、「虫歯や歯周病にならない様、クリーニングしてもらう為に行きます。」
ニューヨークのビジネスマン、キャリアウーマンの80%位が、「年3~4回の定期検診をする」と報告されています。

同じ教授がスタッフ10人の歯科衛生士さんに自分の口の中を10分間、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシ等でクリーニングしてもらい、染め出ししたところ、一番磨けていた人で95%、平均90%位だったそうです。自分では、うまく磨けないところが、どなたでもあるものなのです。

日本では「痛い」「腫れた」「取れた」で歯科医院に行く事が多いのではないでしょうか?

~ 備えあれば憂えなし ~
あなたの健康の為、定期検診をおすすめします。

再発を予防する為には

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させる事は不可能なのです。ですから、毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。

カビ菌が増えすぎると、歯茎が腫れるなど悪い影響が出てきます。また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認し、カビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。

感染経路

生まれた時には人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです。今も、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。

回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくるという事になります。

義歯

義歯を使っている方は、義歯にもかなりカビが付きます。義歯の清掃もこれから非常に重要になってきます。

虫歯

カビは歯周病にだけ関与しているわけではありません。カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますので、その周りに歯があれば歯を溶かし、虫歯を作ってしまうのです。

タバコ

今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくい事がわかっています。

歯周病とドライマウス

ドライマウス

歯周病とドライマウス(口腔乾燥症)は密接な関係があります。お口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなり、歯周病や虫歯が多発します。

【口輪筋を鍛えましょう】

【複式呼吸のすすめ】

舌にも歯ブラシをかけましょう

歯の表面が(天然歯、金属、入れ歯の人工歯等)咬耗、磨耗し、上下の噛み合わせの高さが低くなると、食事の時に使う咬筋の力が弱まり、唾液腺の刺激が低下します。磨耗する、原因はエナメル質が軟らかい、咬筋が強い、歯ぎしりくいしばりをする。長期間使用している入れ歯、奥歯しか当たらない噛み合わせ等、人様々です。

※「歯の表面はつるつるでいいの?」
磨耗していない歯は、咬頭、小窩裂溝と言うでっぱりや溝があり複雑な構造をしています。

上下の歯は、点で接触する様になっています。表面がつるつるになると面接触になり、咬み切る事が難しくなったり、歯を支えている骨や筋肉に力が直接伝わり、炎症を引き起こします。

更年期とドライマウス

閉経前後の10年間45才~55才の時期に女性ホルモンの分泌減少、停止、環境的変化、精神的なものが混在して様々な症状(頭痛、めまい、動悸、体力低下、腰痛、うつ気分、発疹、トイレが近い等)がでると言われています。

しかしながら多くの方は、内科、耳鼻科、整形外科、皮膚科、泌尿器科等に通院し、多くの薬を処方され、長期間服用する事により、副作用としてドライマウスやドライアイになることが報告されています。

※ ホルモン補充療法(HRT)や生活様式の改善(運動、気分転換等)、リラクゼーション療法等、婦人科による治療をおすすめします。

小山嵩夫クリニック (東京銀座) http://koyamatakaoclinic.jp/

噛みしめ&歯ぎしり

「噛みしめ」「歯ぎしり」について

「噛みしめ」や「歯ぎしり」と聞くとすぐストレスを連想する人が多いようですが、「噛みしめ」や「歯ぎしり」は多かれ少なかれ誰でもしている一種のくせと考えて良いと思います。ですから、特に問題を起こさない限り、放置しても構わないのですが、時には次のような問題を起こします。

  1. 歯への障害/歯の磨耗・歯の破折・歯がしみる・噛むと痛い等
  2. 歯周組織への障害/歯ぐきがさがる・歯周病(=歯槽膿漏)
  3. 顎関節への障害/顎関節痛・開口障害・カックン音
  4. 全身への障害/顔面痛・頭痛・肩凝り・腰痛
  5. その他/舌痛症・むちうち症状・倦怠感

これらの症状のすべてが、「噛みしめ」や「歯ぎしり」からくるわけではありませんが、これらの症状の大きな誘因になっているので無用な悪いくせはなくしておく方が良いと思います。
このくせは眠っている時とか、何かに夢中になっている時とかに起こるので気づきにくいし、治りにくいものです。

治すためにマウスピースを入れる方法もありますが、道具に頼るといつまでもそれを入れていなければならないし、やめればまた戻ってしまいます。
あなた自身が「噛みしめ」や「歯ぎしり」に気づいて、あなた自身が治すしかないのです。あなたが本気になって治す気になれば意外と簡単に治っていくものです。

では、その方法をお教えします。

STEP 1:「噛みしめ」ていない=リラックスしている状態を覚えましょう。

  1. まず、思い切り噛みしめてみてください。1~2秒後に、フッと顎の力を一度に全部抜いてみて下さい。上下の歯が僅かに離れるでしょう。その位置が理想的なリラックスした位置です。もう一度やってみましょう。
  2. 次に、思い切り大きな口を開いてから、今度はガクンと脱力してみてください。
    たぶん、(1)の時とほぼ同じ位置に顎が閉じるでしょう。(顎の関節が痛くて開けられない人は無理せず開けられる所まででいいです。)
    この時、呼吸をいっしょに合わせると良いと思います。つまり、力を入れるときに息を吸って、いったん1~2秒止めてから、脱力する時に一気に吐くのです。
    もう一度やってみましょう。

昼間も、寝ているときもいつもこの状態になっていればいいのです。一流のベテランのスポーツ選手はよくこの状態を心がけています。スケートのオリンピック金メダリストの清水宏保選手もロケットダッシュの秘訣は「スタート前の顎の脱力だ」と言っていました。

STEP 2:「噛みしめ」ている=リラックスしている状態を覚えましょう。

仕事等に夢中になっている時、ふと気がつくとしっかり噛みしめていたり、舌を吸いつけていたりしていることが誰にでもあります。あなたは気づいたことがありますか?

YES

そんな時、肩を上下させ、首から上の力を思い切り抜いて、ステップ1でやったように脱力して上下の歯を離してから、また仕事に向かって下さい。

NO

気づいたことがない人もきっとしているときがあると思いますので気をつけて見てください。

噛みしめている状態は意外と気づきにくいものです。気づく方法として、普段よく使う道具にマジックインクとかシールとかで目印をつけて、それを見たら思い出すようにするとよいです。主婦でしたら包丁の柄とか、事務の多い人はペンやキーボードなどに。また、運転する機会の多い人はハンドルなどに目印をつけておきましょう。

STEP 3:問題は夜眠っている時のことです。

眠っている時のことなど、コントロールできないと思っている人が多いと思います。しかし、「明日の朝4時に起きなければいけない」と思って寝ると、不思議とその時刻に目が覚めるという経験をしたことはありませんか。眠っている間も、体内時計と「起きなければいけない」という意識が共同作業をして、正確にその時間に目が覚めるということが私たちにはできるのです。
そんなむずかしいことができるのですから、上下の歯を合わせないようにリラックスして眠るなどという作業は、「その気」になりさえすれば意外と簡単にできるものなのです。成功の秘訣はあなたがどれだけ「その気」になるかにかかっているのです。

1.前準備

  1. (1)枕を低めにしましょう
    後頭部の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕がくるようにします。
    そうすると頭が少し上を向くので、口が開きやすくなるからです。おもに仰向けに寝る人は、バスタオルをロール状に巻いて長い枕をつくるのも良いでしょう。横向きに寝る人は、背筋がまっすぐになる高さにしてください。
  2. (2)布団に入ったら何も考えないようにしてください
    布団の中は眠るだけの所と決めてください。もし、どうしても考える事があればもう一度、布団から出て考えてください。あるいは、朝目覚めてから布団のなかで考える習慣をつけるとよい考えがでてきます。

2.本番

  1. 布団に入ったら、仰向けになって少し手も足も開き気味にします。
  2. その後、ステップ1でやったように、顎を脱力し歯を離した状態にします。
  3. 次に、体全体もリラックスさせます。
    まず、肩に思い切り力を入れて、1~2秒してから突然脱力してください。この時も呼吸を合わせてください。
    同じように、胸、腹、太ももの脱力をして、最後に足の先からその日の全ての疲れとストレスを追い出してやるような気持ちで大きく息を吐き出しながら足の脱力をします。何回もやっていると、手のひらや足の裏あたりが少し温かくなった感じがしてきます。また、掛け布団が今までより重く感じたらうまく脱力できた証拠です。(足先を上に向けるのに苦労なほど掛け布団が重く感じたら、もう少し軽いものに替えましょう。)
  4. 最後にもう一度、顎の力が抜けていることと、上下の歯が離れていることを確かめて眠りに入ります。このまま一晩中眠ってくれるといちばん良いのです。

3.自己暗示

呼吸に意識を傾け、吐く時に脱力するのを繰り返しながら、手足やお腹が温かくなってくるのを感じてください。
また、吐く時に、自分がリラックスできる言葉を唱えてみましょう。たとえば「リラックス、リラックス」「いい気分、いい気分」「楽だ、楽だ」等何でもよいです。また「噛んではいけないぞ」「歯を合わせない」「開いて寝る」等を言い聞かせます。
そして次の朝、今ある全ての症状が無くなって、すっきり爽やかに目覚めるあなたの姿をイメージしながら眠りに入ってください。
自己暗示ができれば、症状のほとんどは劇的に改善します。

4.次のようなことがありませんでしたか

Q 口を開いて寝たら喉が乾くのですが?
A 次の朝、口の中が乾いているようだったら喜んで下さい。自己暗示が、幾らかでもできていた証拠です。口が乾いたからといってすぐに何か障害があるわけではありません。自己暗示ができるようになったら、今度は、上下の歯は噛み合わせずに唇だけ閉じるようにしてください。
Q 食いしばっているのに気付いて目が覚めたり、気になってときどき夜中に目が覚めて寝不足になってしまいました。
A 夜中に目が覚めるようであればやはり、喜んで下さい。自己暗示ができてきた証拠です。「噛みしめ」や「歯ぎしり」はごく浅い睡眠の時にすると言われていますので、さほど睡眠不足にはなっていません。
Q 自己暗示がうまくいっているかどうかわかりません。
A 自己暗示が成功している度合いによって、はじめは、噛みしめた後に目が覚めるようです。やがて、噛みしめている時に目が覚め、もっとうまくできるようになると、噛みしめようとする前に目が覚めます。ほとんどできるようになると、朝目が覚めた時に、夜中じゅうしていなかったことに確信がもてるようになります。
Q 「噛みしめ」や「歯ぎしり」、をするのではないかと気になって、かえってストレスになってよく眠れませんが…
A 負担になるほど深刻にならないで下さい。「噛んではいけないんだぞ」などとあまり強く言い聞かせないで、穏やかな顔をしている自分をイメージするようにして、リラックスして眠ることに重点を置いてください
Q ぐっすり眠ってしまい、自己暗示がうまくできませんが?
A 「絶対この癖を止めるんだ」という気持ちをもっと強く持って下さい。また、眠り込む時に「絶対上下の歯を合わしてはいけないんだぞ」と強く言い聞かせてみてください。それでもうまくできなければ、一時的に寝るときだけ使うマウスピースをつくってさしあげます。

STEP 4 マウスピースについて

「噛みしめ」や「歯ぎしり」の自覚がなかったり、自己暗示がうまくできない場合はマウスピース(オクルーザルスプリント)をお作りします。マウスピースには3種類あります。いずれも全部の上の歯を覆うような形をしています。

1.診断用

「噛みしめ」や「歯ぎしり」をしているか診断するときに使ってもらいます。下の全部の歯と咬むようになっています。
マウスピースには黒いマジックインクが塗ってあります。インクやマウスピースの削れ具合を見て診断します。最低2週間使ってもらいます。

2.治療用

「噛みしめ」や、「歯ぎしり」をしないようにするために使ってもらいます。下の前歯でしか咬まないようになっています。また、歯ぎしりできにくいように前に壁がついています。この壁は喉の乾きの防止にもなります。これを使うと症状は劇的によくなります。

これを入れていると、夢が多くなったり睡眠が浅いように感じますが、次第に慣れてきます。また、顎の関節が疲れたり下の前歯が浮いたりする時は噛みしめている証拠です。自己暗示を強化してください。

このマウスピースは治療期間の数ケ月のみしか使ってはいけません。長期間使っていると咬んでいない奥歯が伸びて噛み合わせが狂ってしまうことがあります。

3.メンテナンス用

長期間使う必要があるときは、治療用のマウスピースを全部の歯が咬むように改良してメンテナンス用として使ってもらいます。

STEP 5
頑固な肩こり、頭痛について

「噛みしめ」や「歯ぎしり」が無くなると、肩こりや頭痛はほとんどよくなるのですが、それでも残る頑固な肩こりや頭痛対策をいくつか紹介します。

1.姿勢

長時間腰掛けて机に向かって作業をしていると、猫背になり顎を前に突き出す姿勢になりがちです。この姿勢は肩こりの原因になります。特にコンピューターを操作している人はキーボードを、脇を締めて腕を垂直にして打てるような高さに調節し、その姿勢でモニターが楽に見えるように目の高さより低いところに置くようにすると良いです。

2.ストレッチング

筋肉は同じ姿勢を続けていると疲労度が何倍にも増します。筋肉には多量の乳酸が溜まり肩こりとなります。それをほぐすためにはストレッチングが最適です。ストレッチングは決して痛くなるまで伸ばさないことが大切です。指圧や肩たたきも痛いほどやってはいけません。

3.ハイキング

肩こり、腰痛等はもともとは運動不足と無理な筋肉の持続的使用によるものです。ヒトは二足歩行という無理な姿勢を課せられてしまったのですから、いつも二足歩行のための筋肉を鍛えていなければなりません。そのためには石コロや木の根等の道をバランスをとりながら持続的に歩く、ハイキングによる有酸素運動が最高です。

次に平地を歩くことです。なお、走ったりダッシュを伴う運動は筋力がある人がやるのはいいですが、これから運動する人にはあまりお勧めできません。

歯周病豆知識:
PCP丸の内デンタルクリニック
(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者さん、東京駅 八重洲南口 徒歩1分)